ホワイトニング中にしてはいけないNG行動

最近では歯のホワイトニングを行う方が増えていますが、思ったような効果が得られないと言う方も大勢いらっしゃいます。その様な方はホワイトニング中にしてはいけないとされているNG行動を行っている可能性が高くなります。
まず、最も注意しなくてはいけないのが食事になります。
人間が普段口にする物はステインを付着させやすい物があります。このステインとは歯の黄ばみの原因となる物質で、どれだけ丁寧にブラッシングしても長い時間をかけて蓄積されていきます。
なのでステインが付着しやすい食べ物を食べているとホワイトニングした歯に蓄積してしまい、せっかくのホワイトニング効果が無駄になってしまいます。
なお、緑黄色野菜はステインを付着させやすいのですが、健康を維持するためには必要な栄養素を含んでいます。なので食べた方が良いのですが、過剰に食べてしまうとホワイトニング効果が得られなくなってしまいます。
また、同じ様に飲み物にも注意が必要になります。
ウーロン茶や紅茶など色のついた飲み物はステインを付着させやすいですし、赤ワインなども付着させやすい飲み物になります。さらにブルーベリーなどの色の濃い飲み物も注意が必要になりますので、飲み物はできる限り無色の物が良いとされています。
そして、最大の注意点が喫煙になります。
歯のホワイトニングを考える方の大半が喫煙者だと言われています。なのでホワイトニング中でもタバコを吸う方がいらっしゃいますが、タバコのヤニは粘着性が高く汚れとして残りやすくなります。
この場合は、専用の歯磨き粉や美白効果のある歯磨き粉などを使ってこまめに歯を磨く事が対策になります。なので喫煙者の方はこのポイントを把握する事が重要と言えます。
歯磨き 歯を白くする